リロケーションとは

今不動産の有効活用をしようということで日本でも「リロケーション」を導入している企業が増えています。
このサービスはアメリカで始まったサービスでしたが最近では日本でも浸透しつつあります。
欧米ではグローバルで移転・配置転換などの転勤をサポートするサービスとして認知されている言葉ですが、日本の場合はさらに「転勤者の留守宅を管理する」という意味も含まれてきます。

これは平成12年に法律が改正された影響で、一定期間経過後に契約を終了することが法律の改正で可能になったために他人に貸すサービスを提供してくれる業者もありますし、福利厚生にする企業も増えています。
欧米の場合は一度手に入れたマイホームを空家にする価値は無いという考え方が浸透しているので転勤になると売却してしまうことが多いですが、日本の場合は「転勤が終わったら我が家に戻りたい!」という考え方が浸透しているので、空家を有効活用するためにリロケーションの考え方が欧米と異なります。

日本の場合は仮に賃貸として貸したとしても自分の家なのに戻ってきたときに明け渡してもらえないという法律の壁があったのですが、前述のように平成12年に法律が改正されてから法律上も期間を限定して貸せるようになったので一気にリロケーションの考え方が広まっていきました。
当サイトではリロケーションとはどのようなものなのか?そのメリットはどのようなメリットがあるのかを解説しています。



◆関連サイト
転勤で留守になる自宅を管理してもらえるリロケーションサービスです =≫ リロケーション 転勤

Copyright © 2014 企業の福利厚生にリロケーション All Rights Reserved.